失敗しない食事会形式の披露宴にする方法!

食事だけでは物足りない

盛大な披露宴は挙げたくないけど、身内だけの食事会メインの披露宴を行いたい、そんなカップル実は増えてきています。本来披露宴は結婚の報告や両家の絆を深める場なので食事会式の披露宴でも何の問題もありませんね。ただ、何もプランも決めずにただみんなで食事をしましょう、ではなんのための場か分からなくなってしまいます。やってしまいがちな失敗としては、挨拶はしたものの特に会話もなく食事をしただけだった、というもの。食事を楽しむことはいいことですが、せっかく両家が集まったんだしこれから2人が新しい家族を作っていくのだから和やかな雰囲気で過ごしたいですよね。

演出はしっかりしよう

いくら身内だけだから、食事会式だからといって何も演出がなければただのお食事会です。披露宴なので最低限の演出をしましょう。最低限必要な演出としては、結婚報告の挨拶、乾杯、親族の紹介、感謝の挨拶があります。メリハリをつけるためにもこれだけはしっかり行いましょう。他にも、ウェディングケーキを入刀したりキャンドルサービスをする、など余興をするというのもみんなが楽しめる雰囲気でいいですよね。自分達ではどうやっていいか分からない場合、会場のスタッフの方に相談をすればいいアドバイスをしてくれますよ!

引き出物やペーパーアイテムも用意しよう

出席するのは身内だけだし引き出物もいいかな、口でお願いしたし紹介状も出さなくていいか。ではいけません。披露宴は披露宴です。せっかく自分達のために時間を作って集まってきてくれるんですよ!形式的な招待状でなくてもいいので、来て頂くという気持ちを表すためにも食事会の日時や場所を明記したものを渡すといいですね。当日、自分がどこに座っていいか分からないということもあるので席次表も作っておくと安心ですよ。特に、親は来て貰うのに手ぶらでは申し訳ない!と思うし、ゲストの方もあれ、引き出物ないの?と思います。引菓子やお気持ち程度の品は用意しておきましょう。

少人数の結婚式なら東京ならいろんなところで行うことが出来ます。色々な式場の情報を集めた総合サイトを利用すると、簡単に探すことが出来ます。

結婚式を親族のみと東京を探す
東京の少人数の結婚式で見つける