めんどくさがらないで。結婚指輪をつけることで信頼が高まるかも?

結婚指輪は自分を表す一つのアイテム

仕事がら新規営業の方と話す機会が多いのですが、話している最中に結婚指輪をはめているのを確認すると、どこか安心したりすることがあります。実際は既婚者ではなくても仕事はしっかりとしてくれとは思うのですが、家庭を持っているというだけで、まあいい加減なことはしないだろうと、考えてしまいがちです。もちろん誰もがそういう印象を持つわけでもないでしょうが、自らを売り込む営業の方にとって、自分を表すアイテムとしての結婚指輪というものは、百利はあっても一害ないアイテムではないかと思います。

結婚指輪を付けない理由

最近は結婚指輪をつける人が減ってきているそうです。結婚の形も変わってきていて、昔のように一心同体的なイメージが結婚にはないからかもしれませんが、それだけいろんな価値観があって良いことなのかもしれません。しかし、指輪を購入したのにつけないというのは、何となくですが、まだまだ独身を楽しみたいというよからぬ思いがあるのだろうと勘繰りたくなってしまいます。実際に結婚指輪をつけない人は、つけている人より浮気をする傾向にあります。

結婚指輪をつけることによるメリット

結婚指輪をしているだけで、「私は結婚をしていて妻(夫)を愛しています」ということを世の中にアピールしていることになります。結婚指輪にはそういった浮気防止の意味合いもあるのかもしれません。また、結婚指輪をつけているからこそ、結婚したあの頃の思いの戻ることができるという効果もあるのかもしれません。努力して指輪をつけ続けるからこそ愛の確認を継続することができるわけです。金属アレルギーなんかの正当な理由がなければ、なるべく指輪をつけるほうが、信頼も高まるというものかもしれませんね。

結婚指輪は結婚する男女間で、結婚式においての誓いの証です。そして一般的にお互いが日常的に薬指にはめて、生活することが多いです。

結婚準備の詳細はこちら